お隣の家が競売にかけられていると知ってびっくり

お隣の家が競売にかけられていると知ってびっくり

自分の隣家が競売にかかっているなんて知るとびっくりしますよね。でも実際はこの頃けっこう耳にする話です。

大田区ホームページ:住宅探しについて

かつては競売物件といえば、バブルの残滓のような、元値だけが高くてどうしようもなく結局ローンを払えず手放された投資物件や、不況のあおりで零細企業の事業主の方が会社の土地建物を抵当にして融資を受けたもののついに事業が行き詰まって競売にかけられたものなどがほとんどでした。

市営住宅入居者募集のお知らせ/米沢市役所

しかし長引く不況のもとで、どんどんと頭金ゼロでマイホームが持てるとか、低価格の戸建住宅の販売が増え、これまでだったらマイホーム購入を躊躇していたような層までがローンでの住宅取得に踏み切っているケースが増えてきました。アベノミクスで景気が上向きになってきたとは言うものの、庶民の生活への直接的な恩恵はまだまだ。そんな状況で結局ローンが返済できず、どうすることもできなくてせっかく手に入れたマイホームを手放すことになってしまうという残念な結果に。

仙台 競売

昔は借金で家に住めなくなるというのはよほどの大借金や危うい商売をしているイメージでしたが、今や誰でも、そう、隣家に住むごく一般的なご家族でもそのような憂き目にあう時代です。この頃では車も持たず保険も見直しをこまめにするなど節約上手な方たちも多いですが、青春時代から大きなお金を使わずに暮らしてきたぶん、住宅ローンの度合いがわからず、身の丈よりも無理めの額でもローンを組んでしまうのかもしれません。普通の生活のはずが、気づいたら貧困層になっていた・・・こんなことが冗談ではなく起こる今、ローンの繰り上げ返済を考えるなど、好況という噂に惑わされず先回りして備えたほうがいいのかもしれませんね。