ジムのインストラクターの私

ジムのインストラクターの私

私は都内の高級住宅街近くの最寄り駅で、とあるスポーツジムのインストラクターをやっています。この仕事を始めて、まだ3年目ですが、元から体を動かすのが好きな性格であったこともあり、毎日楽しく、ジムを訪れるお客様相手に頑張っています。

大腸菌群とは(人など動物の糞便に含まれている菌)大腸菌とは(人の便の中の菌)細菌総数とは生きている菌のことです

この仕事を始めて、まず感じたことは、「始める前に思っていた以上に、男性からのアプローチが多いこと」です。これには少しびっくりしてしまいました。
スポーツジムのインストラクターというと、世間的には「美人でスリムだが、日ごろから鍛えられているため、ほどよく筋肉が体についている」というようなイメージがあるようですが、私は自分のことを特に美人というほどではないと思っていたので、男性からのアプローチも無いだろうと安心していたのですが、実際にこの仕事を始めてみると、あっという間に会員の男性から「付き合ってください」と告白されてしまいました。

プロテイン 選び方

この時は、インストラクターを始めて3日でアプローチされたため、面喰ってスグにお断りをしてしまいましたが、職場の同性の先輩に言わせると、この仕事をやっていると日常茶飯事だそうです。その先輩いわくは、「会員さんから見ると、コーチやインストラクターってだけで補正がかかって、美人に見えるのよ」とのことでしたが、私も自分でそうとしか思えません。

Genetic engineering

職業に対するイメージって、すごい効果があるんだなと思った私なのです。